無料ブログはココログ

« 子どもと会えてる当事者、会えていない当事者 | トップページ | 報道について思うこと。 »

2013年1月 3日 (木)

「悲劇のヒロイン」

昔、わたしは典型的ないじめられっこでした。
見た目もかわいくないし、運動神経もダメ、気も弱く、泣き虫。
口げんかを仕掛けられても、言い返せるほど頭の回転が早いわけでもなく。
手先も器用ではなく、何でこんな簡単なことができないのって、何度もバカにされました。

年頃になると、男子からはからかいの恰好のネタに。
ずっとこんなので育ってきたから、自分に自信が持てず、就職もうまくいかず。。。。

でも、わたしは信じてました。
ブスでバカで不器用で何も取り柄がないこんなわたしでも好きだと言ってくれる、素晴らしい男性がいつか現れるに違いない。
バカで無能でも、いつかわたしの頑張りを認めてくれ、わたしを必要としてくれる職場が見つかるに違いない。

何の根拠もないけれど、そんな楽観的思想を抱いてました。

その結果。。。。
最初に勤めた職場ではいじめられ、不可能な仕事を押し付けられ、やめざるを得なくなりました。
こんなわたしでも好きだと言ってくれる人に出会い、結婚したけれど。。。。
結局、その人は他の人に心を奪われ、いじめられ、追い出されてしまうことになりました。


なぜだろう。
わたし、こんなに頑張ってるのにって。。。。
何で?何が悪いの?
わかりませんでした。

今でもわかりません。
ただ、自分がバカでブスで何も取り柄がないっていうアピールをしてたから、
相手もわたしのことを、そんな人間だとラベリングしたに過ぎないんでしょうね。

こいつはバカでブスで無能だから、いじめたっていい、バカをバカにして何が悪いって。
こんな奴、どうせ他に相手にする男なんていないし、雇おうとする職場もないに決まってる。
だから、こいつは他に行くところがないはず。。。。って。

それに気づいた時、自分を卑下するのはやめようって、本気で思いました。

ちょっと気が付くのが遅すぎました。
残念です。

人より遅い、人生の再スタートを始めたばかりのわたしです。

« 子どもと会えてる当事者、会えていない当事者 | トップページ | 報道について思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子供との引き離しの常習は女性で、
全てが嘘でも、演技の涙でも同情を買う。
全て嘘でも司法で守られる。

私は父親であり引き離しにあっています。

子供を取引の道具や「所有物」としか扱っていない親はどうかしている。
子供にとっては唯一の母であり、父である。

相手の事を言えば監護親は不機嫌となり、
相手を嫌うように子供を洗脳する
子供は相手に会いたくても会いたいと言えば機嫌の悪くなる監護親と暮らしているため言えない。

子供の意思を上からつぶし、洗脳していく事、心理的虐待であり、子供の人権は無視されている。

お互い
がんばりましょう

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119812/48588525

この記事へのトラックバック一覧です: 「悲劇のヒロイン」:

« 子どもと会えてる当事者、会えていない当事者 | トップページ | 報道について思うこと。 »

最近のトラックバック

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31