無料ブログはココログ

« 「悲劇のヒロイン」 | トップページ | 「自覚がない」 »

2013年6月 2日 (日)

報道について思うこと。

ついに「ハーグ条約批准」が決まりました。
これまでの長い間、遠い国にいる子どもたちと引き離されてきた国際離婚当事者にとっては、大きな一歩となることでしょう。
そして、国内でも単独親権制度から、海外と同様の共同親権制度を望む声が高まってきています。
条約加盟ですぐに多くのことが解決できるわけではないのでしょうが、マスコミで取り上げられることも増え、「親子引き離し問題」の深刻さがひろく知られるようになってきました。

そういえば、以前ある女性当事者が「マスコミに取り上げてもらうのはいいけど。。。どうも腑に落ちない。」と話しているのを聞きました。

彼女は、調停条項で子どもとの面会交流が決まっているにもかかわらず、父親と全く連絡が取れず、約束の場所に行っても子どもが来ず、面会交流がすっぽかされ続けているという状況でした。
その度に「今日も来なかった」というとても痛々しい内容の書き込みがあり、慰めの言葉も見つかりませんでした。
ある時、彼女はあるテレビの取材を受けることになりました。
そこで、彼女の身に今まで起こったことを記者に話したそうです。

夫の浮気発覚がきっかけで、夫の暴力やモラハラが酷くなり、不眠や鬱状態などの症状が出たこと。
事態は好転せず、絶望と孤独の中で子どもを心の支えにして生活していたけれども、症状が悪化して、ついに病院に担ぎ込まれ、そのまま別居になってしまったこと。
女性センターや弁護士に相談しても、「母親ならなぜ子どもを連れて出てこないの。それが出来ないような弱い母親は、どうしようもない。諦めて再婚でもしなさい。それか、何としてでも戻って、子どもを連れ出しなさい。」という回答しかなかったこと。
彼女は、夫の暴力や浮気がなくなってお互いに落ち着けば、また親子で生活できるようになると信じて、強い意思で鬱状態を治し、社会復帰を果たしたこと。
にもかかわらず、夫の態度は硬化し、長い間子どもと引き離され、調停にも応じなかったりして、子どもとの再会がなかなか果たせなかったこと。
この状態で離婚しても、親権は夫の方に行ってしまう。再婚すれば益々会えなくなってしまうだろうし、万一虐待があって、児童相談所に保護されるようなことがあったとしても、親権を持たない親には何も連絡がないだろう、それならば、離婚せず別居の親権者のままでいよう、と決意したこと。
苦労の末、「月1回、2時間、夫の立会いつきの面会交流」という調停条項が定められたのに、直前のドタキャンなどに振り回され、精神的なダメージが大きかったこと。
そもそも、暴力を振るわれた相手と顔を合わせるということもきつく、第三者の支援が欲しかったのに、地方住まいのため、近所にそのような機関がなかったこと。
それでも、彼女は子どもと精一杯楽しい時を過ごすために努力していたこと。
毎回、子どもとは楽しく愉快で幸せな時間を過ごしていたこと。
引き離されてはいても、子どもは母親のことを忘れないでいてくれたこと。。。

記者の方はとても熱心に聞いてくださったそうです。
しかし、いざ放送されるという段になると。
「すみません、DV案件に関しては、相手の言い分を聞かないと。勿論、貴方のことを疑っているわけではないのですが。。。」
とのこと。
彼女は悩んだそうです。
別居に至った原因は、嘘ではない。
でも、だからこそ、相手が逆上するのではないか。
ますます子どもと会えなくされるのではないか。
ということで、彼女は相手方に対する取材をお断りしたそうです。
ここで没になるんだろうな、と彼女は思ったそうです。

しかし、「面会交流ができずに苦しむ親が存在しているという現実があること」を伝えるために、彼女のコトが取り上げられることになりました。
そして、彼女が面会交流の約束の場所で待っているのに、子どもが現れず、嘆いている場面が放送されました。

放送の内容はとても良く、「3組に1組の夫婦が離婚に至り、親の離婚で子どもが不利益を被る現実が多くある」ということがとても良く理解できる内容でした。
そう、これからの離婚は、子どもの心を大切にしなければならないという流れになっていくでしょう。

しかし、彼女は番組への反響を目にし、落胆していた様子でした。
「あれ?私って離婚してたっけ?」
聞くと、「自分らの勝手で離婚して子供を捨てておいて、会えなくて悲しいなんて自分勝手な親だ」という趣旨の書込みがあったそうです。
確かに、彼女の事情にまつわるエピソードはすべてカットされていました。

「でも、子どもにしてみれば、確かに夫婦にDVがあったとか、親が浮気してたとか、関係ないんだよね。ちゃんと親は親の役割を果たしてくれたら、それでいいのかもしれないね。」
彼女の言葉には納得できると思いました。
いや、私も親の離婚を経験していないので、子ども達の気持ちは想像するしかないのですが。。。


« 「悲劇のヒロイン」 | トップページ | 「自覚がない」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「悲劇のヒロイン」 | トップページ | 「自覚がない」 »

最近のトラックバック

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31